スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【韓国】売国政治家の売国旅行

 とうとう中国だけでは飽きたらず、韓国にまで出向いて政府批判の発言を引き出してきています。韓国は自国中心にしか物事を考えることが出来ないため、日本を批判する発言を引き出すのは楽ですが、何も前向きなところが感じられません。

続きを読む

スポンサーサイト

2007年04月30日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

【中国】親中派たちのお礼参り

 別に日本国内ではどうでも良い部類に入る人たちですが、こうやってわざわざ中国に向かうあたりに並の親中派ではないことを窺わせます。「温首相の訪日のおかげで日中関係が良い方向に向かいました」なんてお礼をしに行くなんて普通の国会議員ならしないと思います。

続きを読む

2007年04月29日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

【国内】集団的自衛権の問題で揺れる与党

 この問題における注目どころは二点あって、第一に公明党との連立をそろそろ考え直すべきタイミングになっていると言うところで、第二に集団的自衛権の行使が憲法改正とセットになるのかという問題です。

続きを読む

2007年04月28日 政治 トラックバック:- コメント:2

【中国】中国の批判はあくまでも内政干渉

 日中共同声明の細かい内容について知らなくても、この声明で中国が賠償請求を放棄したことを知っている方は多いと思います。今回の請求棄却があくまでも内政問題であるとの認識はここにあります。

続きを読む

2007年04月28日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

【訪米】安倍首相と慰安婦問題

 昨日はどうしてもエントリを書けなかった(削る睡眠時間すらもなくなってしまいました(苦笑))なので今日2つ書こうと思います。
 1日で複数というのも久しぶりなのですが、安倍首相が慰安婦問題を米国で提起したことによるレスポンスが面白いほど表れたので、それをエントリにせずにはいられないと思いました。

続きを読む

2007年04月27日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

【中国】本当に中国はパートナーなのか?

 はじめにプライベートのことで申し訳ありませんが、見ていただいている方や、コメントを頂いていた方に返事を書けないことをお許し下さい。すでに限界まで睡眠時間を削っているので絶対的な時間が足りません。どうかご了承下さい。

 閑話休題。国同士の経済的な取引が一部に偏るのは安全保障上好ましいことではありません。それがたとえ米国であってもです。中国が最大の貿易相手国となったとき、政府のリスク管理に関する考え方を聞きたいものです。

続きを読む

2007年04月25日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

【ロシア】エリツィン前大統領の功績

 まずはご冥福をお祈りします。亡くなった方への批判や非難は避けるべきでしょうし、実際にプーチン大統領の現在と比べると優れているところも多いですし、果たした役割も大きかったと思います。

続きを読む

2007年04月24日 ロシア トラックバック:- コメント:0

【国内】決め方に文句があるのか政権批判か

 とりあえずせ統一地方選挙の結果については、まだ自分なりに分析が済んでいないのでコメントは避けておきます。ただ、自分も一応参加したのですが、地方自治体レベルで政党離れが進むと候補者個人の政策を評価するのに大きな手間がかかってしまうのが難点でした。また、各候補者が掲げる政策もお題目よりは実績を選んでしまうので、現職に有利という印象を持ちました。
 それはともかくタイトルの件です。

続きを読む

2007年04月23日 政治 トラックバック:- コメント:2

【中国】一時的に対日批判を抑制しても・・・

 結局言論統制する国に対して、「対日批判の論調がなくなった」と喜ぶのは意味のないことです。今対日批判を抑制されても、それ自体が外交の道具になっているという見方で冷静に見るべきでしょう。

続きを読む

2007年04月22日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

【韓国】米大学乱射事件は民族の問題なのか

 韓国は米バージニア工科大学での銃乱射事件で犯人が韓国人だったことに大きな衝撃を受けているようです。もちろん今後国際社会での韓国人に対する先入観になるとか、在米韓国人の排斥に繋がるとか、色々あるのかもしれませんが、私から見れば騒ぎすぎのように感じます。

続きを読む

2007年04月21日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

【北朝鮮】結局支援するのでしょうか

 相変わらず北朝鮮は自分の主張だけは抜け目がなく、相手の主張に対しては退席するなど大人げない対応です。こんな国と隣国なのは本当に悲しいことです。

続きを読む

2007年04月20日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

【国内】公明党の理解を得ようと思っても無理

 元々公明党の政策は共産党と似通っていたと言うことを忘れている人は多いと思います。憲法改正や集団的自衛権の問題で公明党の理解が得られるなどとは思わない方がよいでしょう。

続きを読む

2007年04月19日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

【長崎】証拠不十分のまま右翼のテロと断言する朝日新聞

 まずは長崎市長伊藤一長氏には哀悼の意を表すとともに、犯罪に対する再発防止策を強く望みます。
 ただ、こうした事件を利用する勢力は必ずいて、朝日新聞などは完全にその筆頭です。事件の背後関係がつかめないままに犯人のバックグラウンドをほぼ断定する態度には怒りを覚えます。

続きを読む

2007年04月18日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:8

【国内】対案は良いが、何でも出せばいいわけではない

 今の民主党は誰もがおかしいと思っていると私は信じたいです。対案重視ならそれでも良いですが、目的が「対立構造を作る」ことにあるのなら全く意味のないことです。

続きを読む

2007年04月17日 政治 トラックバック:- コメント:2

【国内】親中派が活発になっても影響は少ない

 新YKKがポスト安倍を狙っているようですが、そもそも安倍首相が退任しても彼らを後釜にしようなどと思う人が出てくるのでしょうか。民主党に政権を担当させるのとどちらが悪夢でしょう。

続きを読む

2007年04月16日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

【中国】大気汚染の深刻さに中国も気付け

 大気汚染の被害は主として大気の流れの関係上、日本や韓国が被害を被っています。しかし、その深刻さは日増しに大きくなり、中国大陸にも被害を及ぼしています。今後中国でも被害に嫌でも気付くことになるでしょう。

続きを読む

2007年04月15日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

【憲法改正】わがまま民主党に付き合う必要はない

 国民投票法案の与党単独での採決は、ある意味不可避だったように思います。自民党は民主党の幼稚とも言える対案を大部分吸収したにもかかわらず、対立構図を煽るために最終的な協力関係を解消しています。未来を描けず、与党に対立するだけの存在ははっきり言って必要ありません。

続きを読む

2007年04月14日 政治 トラックバック:- コメント:2

【北朝鮮】本当に核放棄すると思っている人は?

 冗談じゃなく真面目に北朝鮮が核兵器を廃棄すると思っている国はいるのでしょうか。国家レベルであり得るとすれば韓国だけでしょう。しかし、最近の情勢はこの発言をもう少し考慮すべきかもしれません。

続きを読む

2007年04月13日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

【中国】日中友好を叫びつつこの仕打ち

 温家宝首相のメッセージに具体性はないものの、ここまで実務レベルとかけ離れたメッセージを出すのはおかしいと思います。それにしても各新聞は情勢を見誤る記事ばかり書いていますね。

続きを読む

2007年04月12日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

【中国】日中首脳会談、結論はまだ先送り

 もしこの会談で嘆く人や喜ぶ人がいれば、まだそんな時期ではないと思います。中国がどんな国であろうとも、表面上仲良く付き合っていこうという共同発表の主旨は否定されるわけではないですが、ここで画期的な何かが決まったわけでもありません。

続きを読む

2007年04月11日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

【韓国】あくまでも自国中心思考しか出来ない韓国

 本当に哀れになってきます。自分たちのナショナリズムを高揚させるのは良いのですが、あくまでもテロリストを英雄視していると言うことを認識したことはあるのでしょうか。

続きを読む

2007年04月10日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

【韓国】無条件に交流拡大すべきでない

 経済はともかく、政治的に交流を深める前に本質的な理解を深める努力をすべきでしょう。そもそも政治交流を拡大すれば済むものでは決してありません。

続きを読む

2007年04月10日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

【選挙】都知事選は石原氏優勢のようです

 最近は期日前投票が出来るようになって非常に便利になりました。投票という行為を軽んじているわけではありませんが、スケジュールが合わないために泣く泣く投票をあきらめていた時よりずっと良くなりました。かくいう私も期日前投票をしてきましたが、その選挙は与党側有利に運んでいるように見えます。

続きを読む

2007年04月08日 政治 トラックバック:- コメント:3

【国内】TBSも最悪だけど、NHKも腐っている

 NHK受信料義務化を承認する代わりに国営放送化することや、受信料を削減させることなど色々なオプションがあったにもかかわらず、結局問題を先送りにしています。危機感のない組織ってこの程度のものなんでしょうね。

続きを読む

2007年04月07日 政治 トラックバック:- コメント:0

【自衛隊】情報管理の甘さのつけ

 今Winnyに限らず情報漏洩は大きな問題です。その中でも自衛隊の所有する情報は、漏洩によって自衛隊という組織だけでなく国家自体に大きな影響を与えます。今更言うまでもなく、自衛隊は国民の信頼を裏切ったと言うことをお強く認識しなければなりません。

続きを読む

2007年04月06日 軍事 トラックバック:- コメント:5

【中国】ガス田問題で信じられるのはこの人だけ

 最近ガス田の問題が新聞記事になることは前ほど多くなくなっていますが、依然として中国から資源を奪われ続けています。政府としてきちんとした対応をして欲しいものです。

続きを読む

2007年04月05日 IT トラックバック:- コメント:3

【韓国】米韓FTA妥結は日本にとって・・・

 韓国にとって大きな話題であるし、日本国内でも多少メディアの関心度は高いようです。しかし、実際にFTAが日本の自動車産業に与える影響は本当に大きいのか疑問です。

続きを読む

2007年04月04日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

【自衛隊】上田埼玉県知事の発言

 私はこの件について、流れの中で発言を聞いたわけではありません。しかし、あえて私が思うところを書くと、「目的と手段を勘違いされている」のではないかと思います。

続きを読む

2007年04月02日 軍事 トラックバック:- コメント:7

【憲法改正】国民投票法案は与党単独でも採決すべき

 未だに与党単独で採決することを否定する人たちもいます。後の方で述べるように、その行為に関して必ずしも正しいと言い切れないところもあるのですが、多数決で選出された国会議員が多数決で採決すること自体に何ら民主主義を否定するものではありません。

続きを読む

2007年04月01日 政治 トラックバック:- コメント:3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。