スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

共同通信、時事通信合併の噂

 今日紹介する記事には、タイトルが合併を匂わせるものですが、実際にはそんな証拠などないようです。と言うよりむしろ、危機に立った共同通信に関する記事でした。

続きを読む

スポンサーサイト

2006年06月30日 経済 トラックバック:- コメント:4

中国政府、ブログ規制で言論統制を強化

 中国は検索エンジンの結果を歪曲していることで有名ですが、今回政府はこれに続きブログの取り締まりを計ることになりました。中国は本気で言論統制を徹底させることがはっきりしました。

続きを読む

2006年06月30日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

韓国、予定通り海流調査実施が濃厚

 今度こそ日本政府の強硬姿勢を見せてもらいたいものです。それにしても韓国としてはこうやって日本との間に竹島の領土問題を抱えていると国際的に認知されたくないはずなのに、今回は面子を選んだのでしょうか。

続きを読む

2006年06月30日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

広島県議会議長、「選挙権欲しいなら帰化を」と言って何が悪い?

 こんな当然のことを言って何が悪いんでしょう。しかもこんなことで民族性が抹殺されているなら戦後60年の間にとっくになくなっていると思うのですが。こんな不当な要求を突っぱねる議長こそよく言ってくれたと言う気持ちです。

続きを読む

2006年06月29日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

北朝鮮、韓国人拉致問題をなかったことに

 今回の金英男氏との面会は南北離散家族再会事業の一環として行われたものです。あくまでも韓国人拉致問題とは一線を画しています。まして日本人拉致問題などと一緒の遡上で扱ってもらいたくないのでしょう。

続きを読む

2006年06月29日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

金英男母子再会、北の日韓分断工作に負けるな

 現時点では、金英男氏の母らを中心とする家族は、完全に北朝鮮に利用されてしまいました。多分韓国国内では日本と連携して拉致問題を解決していこうという世論は当分出てこないでしょう。しかし、もう少し長い目で見るならば、日本の政策が正しいことに気付くでしょう。

続きを読む

2006年06月28日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

埼玉県知事、「従軍慰安婦」を否定

 個人的にはよく発言してくれたという気持ちなのですが、それよりもひとつ気になるのが、今回の記事が「しんぶん赤旗」からの引用なんです。

続きを読む

2006年06月28日 政治 トラックバック:- コメント:9

靖国神社参拝訴訟、続いて2件最高裁で上告棄却

 このニュースって夕方のテレビでは見なかったのですが、テレビでも放映しているのでしょうかね?「違憲」という判断が出されたときには大きく報道して、今回は扱いが小さいのでは世論を操作しているとしか思えません。(もし大きく扱っていたら申し訳ありません。)

続きを読む

2006年06月28日 靖国神社 トラックバック:- コメント:8

盧武鉉大統領のあいまいな態度、これには納得

 最近ずっと、大統領の態度は北朝鮮への宥和政策の影響があるのかと思っていたのですが、そうではないよ、という記事です。ちょっと納得してしまいましたが、本当のところはどうなんでしょう。

続きを読む

2006年06月27日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

日銀総裁よりもこちらの方が重要な気がします

 国会議員が一民間団体に給与を肩代わりさせる方が完全に問題でしょう。これだから民主党は身内に甘いと言われるんです。

続きを読む

2006年06月27日 政治 トラックバック:- コメント:7

拉致問題は政治問題じゃない?

 日本に政治問題として利用される可能性が高いから、日本のマスコミをシャットアウトするそうです。私にはどう考えても拉致問題は政治問題だと思うのですが・・・。

続きを読む

2006年06月26日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

朝日新聞よ、都合の悪いときだけ判決に文句を言うな

 多分タイトルで分かるかと思いますが、首相の靖国神社参拝訴訟の件です。朝日新聞や毎日新聞などのメディアはこの判決が出るまでは判決の「傍論」で裁判官の「一意見」として出された考えを「違憲判決」だと捏造し、宣伝してきました。それが今回のように「違憲」という言葉が出てこないだけで批判を始めています。

続きを読む

2006年06月26日 朝日新聞 トラックバック:- コメント:10

朝鮮総連と韓国民団、和解は白紙へ

 和解と共同宣言は実質的に守られていなかったので、こうなることは当然の成り行きといえるでしょう。一応まだ「和解」が破談にはなっていないわけですが、それすらも微妙でしょう。

続きを読む

2006年06月25日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

野党の緊急アピールは中身を絞らないと・・・

 野党が一致団結するのは意味があることだとは思いいますが、開いて出た内容が盛りだくさんすぎて何が言いたいのかぼけてしまっています。

続きを読む

2006年06月24日 政治 トラックバック:- コメント:5

韓国人も盧武鉉の対日敵視発言に反対のはず

 先日、盧武鉉大統領は日本を仮想敵国にしているかのように発言し、それとともに海軍力を増強するという発言までしました。

 これに対して、そろそろ国民(少なくとも韓国メディア)は対日敵視発言の異常さに気付き始めているのではないでしょうか。

続きを読む

2006年06月24日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:9

靖国参拝訴訟、上告棄却は至極妥当な判断

 この問題は、首相の靖国神社参拝によって精神的苦痛を受けたとする原告らによって起こされた裁判でした。これで「政教分離の原則」に反する違憲かどうかを判断するのは無理があると私は考えていました。ある意味予想通りの結果です。

続きを読む

2006年06月23日 靖国神社 トラックバック:- コメント:5

TBS、石原都知事に対して謝罪

 この関係の新聞記事は出ているのですが、TBS自身が積極的に報道すべき問題だと感じます。TBSにしろ毎日新聞にしろどう考えても捏造・マッチポンプの典型であるこの事件について、これだけで幕引きになったことは感謝すべきでしょう。

続きを読む

2006年06月22日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:9

日米、テポドン発射に向け安保理決議案を協議

 北朝鮮へ自制を促すアピールという面が高いと思いますが、このような動きは北朝鮮にとって非常にプレッシャーになると思います。

続きを読む

2006年06月22日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:8

韓国、ミサイル発射でも支援は継続?

 「日本に向けたミサイルだから韓国は関係ない」とか「統一してしまえば北朝鮮の核は自分たちのものだ」なんて考えているのでしょうかね。これだけ国際協調を乱し続ける北朝鮮に援助を続けることに何のメリットを感じているのでしょうか?

続きを読む

2006年06月21日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:9

日本が弾道ミサイル購入?

 よくこんなことが言えたものです。弾道ミサイル購入と言うことは核兵器も保有していると言うことでしょうか?北朝鮮政府のプロパガンダは酷いものです。

続きを読む

2006年06月21日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:8

オペラ、最新バージョンのOpera 9リリース

 IE、FireFoxに続く第3のブラウザOpera 9がリリースされました。Operaは携帯電話向けブラウザやPDAなどにもブラウザを出しており、そちらの方が知名度が高いかもしれません。今回はセキュリティ向上やウィジェット(プラグインのようなもの)、ファイル共有の付加などが変わりました。

続きを読む

2006年06月21日 ソフトウェア トラックバック:- コメント:4

テポドン2号に日本の技術?

 北朝鮮の軍事技術に日本の技術が多用されているという噂は何度か聞いたことがあります。それもほとんどが秋葉原のパーツの類ではないでしょうか(苦笑)今度の技術はどの辺りなんでしょう。

続きを読む

2006年06月21日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

韓国政府、テポドン騒動で北朝鮮を擁護

 昨日は韓国政府の無策ぶりを批判する韓国メディアについて紹介しましたが、それが通じてかどうか知りませんが韓国政府も対応を始めました。しかし、日米と協調するわけでもなく、北朝鮮によるわけでもない中途半端なものでした。

続きを読む

2006年06月20日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

陸自イラク支援の撤収と果たした役割

 既定路線通り、小泉首相の総裁任期中に撤収が完了するタイミングとしては絶妙なところでしょう。相変わらず小泉首相はこの辺りの演出がうまいと言えます。

 ところで、このイラク復興支援が果たした役割は、派遣の規模に関係なく国際的にも認められました。歴史にも大きな一歩だったのではないかと思います。

続きを読む

2006年06月20日 政治 トラックバック:- コメント:8

毎日新聞さん、外国人地方参政権なんて論理が破綻しているよ

 本当にこの話は見るたびによく分からない理屈ばかり目にします。今回の記事は支局長の記事ですが、とてもそのような偉い人が書いた記事には見えません。

続きを読む

2006年06月20日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

日米の対北朝鮮政策をうらやむ韓国マスコミ

 大統領があれでは期待するだけ無駄なのかもしれませんが、それにしても6.15の祝典以降、北朝鮮の高官に言いたいことは言われっぱなしでさらにミサイル発射後の展望もまるでなしという韓国政府には呆れて当然でしょう。

続きを読む

2006年06月19日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

北朝鮮ミサイル問題、朝日・日経の社説は何が言いたい?

 この二つとも今日の社説で北朝鮮のテポドンの発射騒動に関連した内容を扱っています。脅威を正しく認識することは決して悪いことではないのですが、社説では「世界の声に耳を傾けるべきだ(朝日)」、「中止してもらわねば困る(日経)」などと言っている場合ではなく、もっと建設的な意見を出すべきです。

続きを読む

2006年06月19日 朝日新聞 トラックバック:- コメント:8

防衛庁、こんな記事が出ても大丈夫?

 東京新聞はあまり知られていないですが、防衛庁関係記事の充実度はかなりのものです。はっきり言ってここまで書いても良いのかとこちらまで不安になってきます。今回の記事の件は特にそうじゃないかと思います。

続きを読む

2006年06月19日 政治 トラックバック:- コメント:7

民族統一大祝典とは何だったのか?

 民団と総連の和解が破綻しかけたことによって、6.15の民族統一大祝典に民団・総連ともに参加することになっていたことは忘れられようとしています。この祝典に対して、民団だけでなく韓国側からも批判が出ています。

続きを読む

2006年06月18日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

北朝鮮、金一族の報道に日本メディアが強いのは?

 これって私も気になっていました。もしかしたら大規模な取材班を編成しているのでは?なんて考えたこともありましたが、多分理由は別のところにあるはずです。

続きを読む

2006年06月18日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。