スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国よ、日中友好なら謝罪すべきところだろう

 上海総領事館の館員自殺に関する遺書の全容が判明しました。例によって中国は否定していますが、日中友好の必要性を感じているならもう少し誠意のある反応をすべきでしょう。

続きを読む

スポンサーサイト

2006年03月31日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

教科書問題に関してロシア・中国・韓国が抗議

 教科書に領土に関する記述がある以上、もう一方の当事国達が抗議するのは当然の成り行きでしょう。しかし、その中でも韓国の対応は常軌を逸しています。

続きを読む

2006年03月31日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

パソコン通信よ、さようなら

 私の個人的な話になるのですが、通信と言えばインターネットよりもパソコン通信でした。商用のパソコン通信は3月31日にニフティのサービス終了に伴いなくなりますが、草の根BBSを経営していた人たちは今頃どうなったのでしょう。

続きを読む

2006年03月31日 IT トラックバック:- コメント:5

出張から帰りました

 約1ヶ月弱の出張から戻りました。なかなか有意義な出張でしたが、このブログは記事を投稿はしているもののコメントに対してはほとんど返信が出来ない状態で申し訳ありませんでした。

 これからは帰ってきたのでコメントへの返答はなるべく心がけていきます。

 それとガクンと落ちたアクセス数のためにもさらに記事の質を高めるべく精進いたしますので何卒今後ともよろしくお願いします。

2006年03月30日 日記など トラックバック:- コメント:4

イスラエルの選挙結果はどう見るべきか

 ある意味予想どおりの結果ですが、リクードがこれほど惨敗するとは思っていませんでした。これからは日本のメディアは「仕切直し」というニュアンスで表現しています。本当にそうなんでしょうか。

続きを読む

2006年03月30日 中東情勢 トラックバック:- コメント:1

突然の話なんですが

 海外(米国)に住むことになりました。期間は数週間から1ヶ月強というところです(いわゆる出張です)個人的には色々とあった末で今回に至るのですが、このブログだけで私と接点のある方は唐突な話だと思います。

 見に来てくださっている方には非常に申し訳ない話だと思いますが、このブログは更新頻度が落ちると思います。一応できる限りの努力はして更新を続ける予定ですが、日本ほどネット環境もよくないため頻繁に更新はできません。

 まあ、自分のブログの更新が滞るのはしょうがないとしても、困ったのは交流のあるブログへのコメントがほとんどできなくなることです。これに関してはほぼ絶望的な状況になると思います。でも一応私の方でできる限り見に行きます。コメントが残っていなくても見ている(はず)です。

 色々と否定的なことは書きましたが、せっかくなのであちらでブログを更新するときには英字新聞などをソースとして加え、米国の論調などもブログに載せられたらいいなぁと思っています。

 また、更新頻度が少ない代わりに自分の考えを整理し、見てくださる方に読みやすい記事を書けるように精進したいと思います。

 それでは今後ともよろしくお願いします。

 それとこの記事を当面トップに置きます。

2006年03月29日 日記など トラックバック:- コメント:14

高校教科書の検定結果公表で「正しい」歴史を教える方向に向かう

 まだまだ必ずしもこれで十分とは言えない結果ですが、方向としては正しい方向へ向かっているようです。

続きを読む

2006年03月29日 歴史 トラックバック:- コメント:7

サイバーエージェントのサイトがGoogleに表示されない?

 ネットを主体にする企業にとってGoogleなどの検索エンジンの上位に表示されるかどうかは死活問題になってきます。そのため各企業では出来るだけ上位に表示させるためにSEO(検索エンジン最適化)を行っています。今回のサイバーエージェントの件はそれがGoogleの基準に反したということなのでしょうね。

続きを読む

2006年03月29日 SEO トラックバック:- コメント:1

セキュリティソフト会社が情報漏洩してはまずいでしょう

 トレンドマイクロ社員が社内資料を漏洩したそうです。記事を見た限りではこの社員に問題がありそうですが、そのような社員の管理も含めてセキュリティソフト会社がこんなことになるのはまずいでしょう。

続きを読む

2006年03月28日 セキュリティ トラックバック:- コメント:1

Wikipediaは信頼に足るものなのか?

 以前Wikipediaとブリタニカを比較するという記事がNature誌に掲載されました。この件は非常に反響を生み、Wikipediaの飛躍にもつながった大きな契機でもあります。この件に関して今度はブリタニカが反論を出しました。

続きを読む

2006年03月27日 IT トラックバック:- コメント:8

WILLCOM、非常に安価な国際電話サービス開始

 最近はIP電話などで国際電話も安価なサービスが出回っていますが、携帯端末でのこれだけ安価なサービスはメリットを感じさせるのではないでしょうか。

続きを読む

2006年03月27日 IT トラックバック:- コメント:2

スーダンの和平はいつ来るのか?

 多分近い将来スーダンに平和が訪れることはないでしょう。最近の情勢が多少変わろうともこの事実は変わらないでしょう。

続きを読む

2006年03月25日 アフリカ情勢 トラックバック:- コメント:2

アフガニスタンの改宗事件

 今日はアフガニスタンです。アフガニスタンはまだまだ安定した政権が樹立しているとは言い難い状況です。今回の件もカルザイ政権の脆弱さを示す好例といえるでしょう。

続きを読む

2006年03月24日 中東情勢 トラックバック:- コメント:2

ベラルーシの民主化

 意外と東欧情勢ってブログでは書く人が多くないんですよね。私もニュースで見るのですが、どちらかというと他人事のように見ています。でも東欧はロシアの影響力が非常に強く、ロシアの政策を見ておくことで北方領土に関する政策も見えてくるかと思い、今日はひとつ記事を入れてみました。

続きを読む

2006年03月23日 東欧情勢 トラックバック:- コメント:4

イラクの現状は泥沼?それとも政権安定の過程?

 今日はニューヨークタイムズから記事を紹介します。基本的に記者の考えは入っていないので少々面白みには欠けますが・・・。

続きを読む

2006年03月22日 中東情勢 トラックバック:- コメント:2

イラク首相、現在のイラクを語る

 WBC中に記事を書くのはつらいです(涙)今日もワシントンポストからです。今回はイラクの首相が寄稿していた記事を使いました。

続きを読む

2006年03月21日 中東情勢 トラックバック:- コメント:1

WBCの米国内報道は呆れるほど少ない

 一応私も米国から記事を書いているのですが、こちらの新聞にはほとんどWBC関係の記事がありません。米国にはかなりのスポーツがあるため、それらの報道に割く時間が多いのはしょうがないでしょうが、WBCの準決勝に関する記事でさえほとんどありません。あるのはキューバがドミニカを破ったという記事くらいのものでした。

続きを読む

2006年03月20日 日記など トラックバック:- コメント:4

イランの歩み寄りの真意

 イランの対応はただ単に安保理での協議を遅らせたいためだけではなく、イラン・イラク・米国という三角関係で考えると利害関係が分かりやすいというのがこの記事からよく分かります。

続きを読む

2006年03月20日 国際 トラックバック:- コメント:2

中国の親中度ランキング?

 中国政府は日本の政治家を親中度でランキングしているらしいのですが、これを見ると確かにその通りだというランキングです。

続きを読む

2006年03月19日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:1

キッズgooサーチは言論統制なのか?

 「mumurブルログ」さんのところや「アジアの真実」さんのところで紹介している「キッズgooサーチ」について私も気になったので調べてみました。

続きを読む

2006年03月18日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

Intel MacでWindowsXPを起動するツールが公開

 「Windows XP on an Intel Mac」プロジェクトと言う団体がIntel MacでWindows XPをデュアルブートするツールをすでに開発していたのですが、それがとうとう公開されました。

続きを読む

2006年03月18日 iPod、Mac、Apple トラックバック:- コメント:2

中国国防費に関して米国防総省次官補が危険視

 何度も中国の国防費について「公表以上のものがある」とこのブログでは書いていますが、今回の国防次官補の発言はそれらに信憑性を加えることになるでしょう。

続きを読む

2006年03月17日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:2

イスラエルの近況について

 昨日はダイアルアップが急に切断され、記事が消えてしまいましたが今日は大丈夫です(笑)

 今日もまたしてもワシントンポストからです。イスラエルはもうすぐ選挙を控えていますが、その件に関しての社説です。

続きを読む

2006年03月16日 中東情勢 トラックバック:- コメント:1

首相も官房長官もご乱心か?

 首相と官房長官が「Winnyを使わない方が良い」、こんなことを国民に呼びかけるのは愚の骨頂としか言いようがありません。

続きを読む

2006年03月16日 政治 トラックバック:- コメント:6

新聞の「知る権利」と国家公務員の守秘義務はどちらが重い?

 今回の読売新聞の記事は大々的に新聞記者の「知る権利」を擁護していますが、私は逆にこのような新聞社の奢りが日本を危機に導くのではないかと不安に感じています。

 ちなみに今日はせっかくまたワシントンポストの記事を翻訳したのですが、記事をアップロードした途端にダイアルアップが切断してしまいました(涙)約1時間半の仕事が無駄です。と言うわけで、社説の翻訳は2日目にしてアップロードできなくなってしまったことを謝罪させていただきます。

続きを読む

2006年03月15日 政治 トラックバック:- コメント:3

今日から・・・

 最近自分のブログが何かオリジナリティが足りないような気がしていました。別に正しいと思うことであれば人と同じになってもしょうがないのですが、結局は扱っているトピックが人と同じだから内容的に似たようなものになるのだと言うことに気がつきました。

 そこで暫定的なんですが、たまに米国の新聞の社説から記事をもってきて日本語訳でもして自分のコメントでも入れてみようかと思っています。作業量が多い(1記事あたり1時間近くかかる、読むのは時間がかからないのですがちゃんと文字にするとなると一気に時間がかかります)

 と言うことで今日はワシントンポストの社説からとりました。

続きを読む

2006年03月14日 日記など トラックバック:- コメント:4

仏でiTMSで購入した楽曲が変換可能に?

 この法案が成立してしまえばフランスではiTMSだけでなくデジタルコンテンツ自体の自由な変換が可能になります。これは一見ユーザーにとって利益がありそうですが、実際のところどうなんでしょう?

続きを読む

2006年03月14日 iPod、Mac、Apple トラックバック:- コメント:0

Winny自体が悪なのか、感染する人が悪なのか?

 この問題は非常に難しいです。一概にどこが悪いという結論を出すことは難しいと思いますが、今回のWinny制作者の発言は示唆的です。

続きを読む

2006年03月13日 IT トラックバック:- コメント:5

NYタイムズ大西氏、今度は皇室典範改正問題に言及

 ここまで極端に書くと逆に面白いですね。中央日報や東亜日報並の論理構成です。一応私が訳した文章もつけておきましたので気が向いたら見てください。

続きを読む

2006年03月13日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

王毅大使、呼び出しは拒否で非公式会議には応じる

 とりあえず新鮮な記事ではないのですが、こんなことが許されると思うと腹が立ってきたので掲載しました。

続きを読む

2006年03月12日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。