スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

MCJ、livedoorと業務提携

MCJのPC、ライブドアを標準のトップページに(IT Media)

 購入したてのパソコンでその会社のページがホームページになっていることはよくあるんですが、こうして提携先の会社のページをホームページにするというのは聞いたことがありませんでした。

 livedoorはこうして目立つことをするのが好きというかイベント屋のような企画が多いですね。
スポンサーサイト

2005年07月21日 IT トラックバック:- コメント:0

インターネットの管理は誰が行うのか?

国連、米国によるインターネットの管理に異議--作業部会が報告書(CNET Japan)

 ご存知のとおり、インターネットの管理といえばICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)という団体が行っています。これは米国の準政府団体と言ってよく、事実上米国によってインターネットは管理されていると言ってもいいでしょう。

 一方国連は立場上その権限を国連で管理したいというのは自然ですが、これに関して作業部会で世界的組織の創設を提案しました。これは国連が管理したいという意図が見えているのですが、ただ、主張の場としてはちょっと小さいみたいです。

 今後どうなるかはわかりませんが、米国も簡単に手放さないでしょうし、現状は当分変わらないでしょう。また、国連が管理することになっても1ユーザーの我々にはあまり関係のないことでしょうけど(笑)

2005年07月21日 IT トラックバック:- コメント:2

intelとAMD

インテルとAMD、「全面戦争」突入へ--8月第1週に独禁法訴訟関連の協議を予定(CNET Japan)

 この記事によると、IntelとAMDは、両者の弁護団が8月第1週に協議を行うことを明らかにしました。

 私はどちらが正しいのかは分かりませんが、IntelとAMDのCPUはそれほど性能に違いがないように思えます。一般消費者にとってはCPUにintelを使おうがAMDを使おうがそれほど違いがないように思えます。AMDにとってみれば、それほど性能差がない(もしくは自社の方が優れている)にも関わらず市場でのシェアを落とさなければならないのか。それはintelの妨害行為によると言うのでしょう。

 私はこの件に関して事前に何かを知る立場ではないのですし、どちらの味方をするという話ではないのですが、intelの市場における立場(というか圧倒的なシェア)は異常であるとは思っています。Microsoftのことは問題になりやすいですが、intelはそれ以上に市場を寡占しています。今後この状態が是正されればいいと思っています。

 もちろんAMDがintelと同レベルかそれ以上の性能を発揮できるCPUを開発しつづける前提ですが。

2005年07月21日 IT トラックバック:- コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。